• オンラインショップ
  • 会社案内
  • 店舗案内
  • 野菜づくり講座
  • 農業ナビ
  • 青果市況情報
  • 今月のプレゼント
  • お問い合わせ

プロ向け品種

TYPE F1交配

ハイドロセブン法蓮草
はいどろせぶんほうれんそう

ベト病(R1~7)抵抗性、極立性で株張りの良い土耕・水耕兼用種!!

ハイドロセブン法蓮草の収穫時のイメージ

特性

●ベト病(R1~7)に抵抗性で、フザリウムによる萎凋病に対しても強い土耕・水耕兼用種。●生育旺盛で葉柄太く、ガッチリした株張りのよい多収品種。●草姿は極立性、葉は先尖りの剣葉で縮みは少しあるが、光沢のある濃緑色で葉肉厚く、高温長日期でも徒長せず生育するので収穫調整作業が容易である。●抽苔は、特に晩抽ではないが5月下旬まきでも抽苔前に収穫期に達する。●6月まきは天候次第で抽苔の危険がある。

栽培型

栽培型の見方

ハイドロセブン法蓮草の栽培型

◎ 現在、種まきの適期です。

※西日本の気候を標準にご案内してます。
※露地や高冷地、雨よけ・ハウス・トンネル・促成・抑制などでの栽培を含みます。
※栽培型は地方により異なりますので、貴地の気候に合わせてご栽培ください。

  • 小袋(アップシード種子・25ml)
  • 324
    (税込み)
  • 数量:
  • 1dL(アップシード種子)
  • 853
    (税込み)
  • 数量:
  • M・3万粒(アップシード種子)
  • 4,644
    (税込み)
  • 数量:

※ご注文の前には、必ず お買い物ガイドをお読みください。